お店を使い分ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
古本を売るとき、業者を使い分けると賢く買取してもらうことが出来ます。
不要となった本や書籍、雑誌が出てきたら、まずはどこへ持っていこうと考えるでしょうか。
チェーン展開している大手業者に持ち込む方が多いのではありませんか。
そこでの買取価格の決め方をご存知でしょうか。
簡単にその仕組みについて説明します。
基準となるのがその本が販売されてからどれだけの年数がたっているかです。
それが新しければ新しいほどまだまだ需要も見込めますので高い買取値段が付きやすくなります。
逆に年数が経過していると需要も低いと見込まれ、持ち込む本によっては買取してもらえないかもしれません。
本の状態も影響してきます。
古本とはわかっていますが、お金を出して買うのです。
できるだけきれいな状態の本を手に入れたいと考えるのではないでしょうか。
よって本のページが欠損している、切れている、折れている、シミや汚れがついているとそれがマイナスポイントになってしまいます。
お店の在庫状況も関係しています。
例えば同じ書籍や雑誌でも持ち込む時期によって買取価格が変わることがあります。
それはお店の在庫状況と関係しているからです。
在庫が少なければ買取価格も上がります。
それが個人経営しているような古本屋さんとなると査定の基準が異なります。
例えばごく一部の人に人気が高い書籍や雑誌に関しては出版年月日に関係なく高く買取してくれるのです。
書籍や本の種類によって業者を使い分けるとより高く買取してもらえるかもしれないのです。